東京都 | 東京しごと塾

東京しごとセンター

phone

私のビフォア・アフター「私の3ヶ月、すべてお話しします!」

私の3ヶ月、すべてお話しします!

怖がっているよりも飛び込んだほうが面白い。

  • 卒業生Cさん | 30代
  • 参加前:スーパーの品出しのアルバイト
  • 就職先:服頭飾アクセサリー製造卸の営業企画

ー 東京しごと塾参加前はどんな感じでしたか?

過去に経験した貿易事務か、大好きな布を扱うアパレルや繊維系メーカーで働きたいという気持ちがありました。ハローワークやインターネットの求人サイトでコツコツと求職活動をしていたけれど成果が出ず、アルバイトを転々としていました。そんなとき、たまたま東京しごと塾を知り、実習を通して就職のきっかけとなるスキルが得られるところに惹かれました。でも、なかなか決心がつかなくて。当時は人が怖く、プログラムを通じてたくさんの人と関わる事に不安がありましたし、3ヶ月やりきらないといけないというのもハードルが高いと感じたんです。そんな私の背中を押してくれたのは、説明会でお会いした運営側の人々。みなさんの熱い想いに触れたことで、私もここで挑戦したい、変わりたいという気持ちが芽生えたんです。

ー 東京しごと塾での3ヶ月、教えてください。

最初はジョブトレーナーの勢いに圧倒され、ついていけるか心配でした。おそらく、まだ逃げの気持ちがあったんだと思います。でも、2回目の講義でスイッチが入りました。講師の先生が、就職に向かう姿勢はどうあるべきか、受け身ではいけない、といったメッセージを込めたポジティブワードをくださったんです。その言葉を受け止めてからは自分にできることを精一杯やろうという気持ちに切り替わり、ワークも上手とは言えないけれど頑張ることができました。おかげで、プログラムの受け入れ先企業にインタビューを実施したときには、変われる予感がしました。やり方は下手でも相手の気持ちを動かせた手応えがあり、こうした小さな一歩を重ねていけば、自分だって変われるはずだと思えたんです。そうしてプログラムを終えたときには、逃げ出さないという自分との約束を守れたことが大きな自信となりました。

ー 参加前と参加後、ご自身に変化はありましたか?

最も大きな変化は、人が怖くなくなったこと。それまでずっと、自分以外の人はみんな優秀で、私は見上げる立場と思っていたんです。でもプログラムを通じて気づいたのは、みんな一緒だということ。インタビューでお会いした社長も自分と同じように悩んだり、迷ったりしながら、精一杯に生きているんだと気づいてから、コミュニケーションも怖くなくなりました。いまでは塾生や、ジョブトレーナー、いろいろな企業の方々と出会えたことに感謝しています。とくに塾生とは卒業後も連絡をとりあっていて、それまでは考えられなかった飲み会などにも顔を出すようになりました。人を怖がっているよりも、思い切って飛び込んだほうが面白いって感じます。生きやすくなりましたね。プログラムを通して、私に本気で関わってくださった方々のおかげです。参加を迷っている方にも、オススメしたいです。本気で参加すれば、きっと変わることができますよって。

驚いた…

受講生側と講師陣、その熱量にギャップが…

はっとした。

講義で「受け身ではダメだよね」「嘘をついたり、逃げの気持ちがあったりすると相手にも伝わる」という話を聞いて、とにかく出来ることを一生懸命、思い切りやろうと決めた。

へこんだ…

スピードについて行けない。能力の限界。

気付いた!

実習で求人広告を作ったときに、広告は上っ面でなく、企業側は本気で人を採用したいと考えていることを実感した。

ここで働きたい!

現在の勤め先に当たる企業が、しごと塾にオリエンにいらした。

変わってきた?!

積極的に考えたことを発言し、自分から動くようになった。

悩んだけどできた!

最後の実習では多くの人と協力していかなければならないもので、常に悩んでいたが、皆でやりとげた達成感は何とも言えないほどよいものだった。

代表取締役社長 T様

人柄が良くて意欲が高いのがいいなぁと感じています。うちはお得意先とのコミュニケーションを大切にしながら、良いものを作り、提案していくスタイルなので、Cさんの魅力をベースに良い関係を築いて欲しいと期待しています。欲をいえば、もう少し落ち着くこと(笑)。覚えることが多くて大変だと思いますが、緊張せずに身につけて欲しいと思っています。