東京都 | 東京しごと塾

東京しごとセンター

phone

私のビフォア・アフター「私の3ヶ月、すべてお話しします!」

私の3ヶ月、すべてお話しします!

思い立ったら、まずやってみるという、行動力が、身に付きました。

  • 卒業生Dさん | 30代
  • 参加前:派遣社員
  • 就職先:老舗和菓子会社の製造・販売

ー 東京しごと塾参加前はどんな感じでしたか?

派遣社員としてパチンコ店で働いていましたが、30歳を過ぎて将来に不安を感じ、正社員の仕事を探していました。運良く清掃会社に就職できたものの、環境が合わずに2週間で辞めてしまって…。その後、求人サイトで新しい就職先を探していたときに、東京しごと塾の広告を見つけました。働くことについて考える期間があれば、きっと自分を見つめ直すきっかけにもなる。それに、焦って就職先を決めてすぐに辞めてしまうよりも、ビジネスの基本から学び直して、力を付けてから次の会社を探した方がいいと考えたんです。東京しごと塾であれば、専任のジョブトレーナーが常駐していて、就職活動の相談もできるのではないかと思い、参加を決めました。また、同年代の参加者がどんな考えを持って参加しているのかを知りたかったというのもありますね。

ー 東京しごと塾での3ヶ月、教えてください。

開始当初は、ワークについていくだけで精一杯でした。というのも、参加するまで座学が中心のプログラムだと勘違いしていたんです。しかし、実際はほとんどがグループワーク。5〜6名でチームを組んで、話し合いをしながら与えられた課題を解決していくワークが多く、意見がまとまらず、「時間内にワークが終わらない!」と、本当に必死でした。さらに、資料づくりのためにパソコンを使うのも久しぶりで、慣れない作業に戸惑ったことを覚えています。初めの頃は、自分から前には出ずに、書記などの聞き役に徹することが多かったですね。転機となったのは、3回目のグループワークです。企業に訪問して採用に関する課題をお聞きし、転職者の意識調査をする課題だったのですが、私はそこでリーダーを務めることになりました。私は、それまでに取り組んだワークでの失敗を踏まえて、メンバーが作業しやすい環境をつくることを意識したんです。メンバーの考えを否定せずに、意見が割れてしまったら、うまく落としどころを探って調整する。そして、メンバーたちが作業に集中できるように、進捗報告などは自分が一手に引き受けることにしたんです。サポート役として全体を見ることで、スムーズにワークを進められるようにしました。その結果、メンバーからも「今までで一番、進めやすかったよ!」と言ってもらえたんです。

ー 参加前と参加後、ご自身に変化はありましたか?

思い立ったらすぐに行動する力が備わったと思います。それまでは、何かアイデアがあったとしても、実行に移すことはありませんでした。というよりも、実行する場がなかったんです。東京しごと塾のプログラムはほとんどが実践形式で、思いついたアイデアをすぐに実行することができる。それが成功することで、自信にもつながります。また、プログラムを通じて、トレーナーの方や企業、メンバーなど、いろいろな人の考え方に触れることで、自分の行動を見直すきっかけにもなりました。ワークに取り組むのと並行して就職活動をしている仲間も多く、そんな環境に身を置くことは、自分自身を奮い立たせるいい刺激になりました。

不安…

手探り状態の中で何をすればいいのか分からなかった。

やり遂げた!

最初のワークを終え、一つの仕事を終えるまでの大変さと、終わった後の達成感を味わった。

目標達成!

リーダーとして、「みんなが作業しやすい環境づくり」を達成できた。

つらい…

就職活動がうまくいかず、モチベーションが低下。 

気持ちを切り替えられた!

メンバーとの食事会でリフレッシュ。就職活動はすべてのプログラムが終わってからスタートすることに。