東京都 | 東京しごと塾

東京しごとセンター

phone

私のビフォア・アフター「私の3ヶ月、すべてお話しします!」

私の3ヶ月、すべてお話しします!

グループワークが、自分の長所・短所を知るきっかけになりました。

  • 卒業生Eさん | 30代
  • 参加前:派遣社員
  • 就職先:営業

ー 東京しごと塾参加前はどんな感じでしたか?

30代前半まで演劇をやっていて、参加前の3年間は派遣社員としてコールセンターや事務のSV業務をしていました。
しかし、正社員として役割や責任のある立場で仕事をしたいと思っていました。
なにかきっかけがほしいと思っているうちに、40歳目前。将来のことも見据えて、派遣社員ではなく、正社員として働くことを考えるようになったんです。
ただ就職活動を行うにあたって、同年代の仲間との情報交換や、今の自分よりも広い視野や知識がほしいと思っていました。
その時に東京しごと塾の存在を知りました。ワーク形式のプログラムが多く、実際に他業種の企業とビジネスとして接する機会があるというワーク内容はとても魅力的でした。

ー 東京しごと塾での3ヶ月、教えてください。

市場調査や広告制作、販促物の企画など、実際の仕事を想定したワークが中心で、学ぶことの多い3ヶ月間でした。印象に残っているのは、すべてのグループワークです。
2回目のグループワークではプレゼンテーションの役割をもってチームに貢献できた印象が強いです。それは、実際に企業の担当者からご要望をお聞きして、求人広告を制作するという課題でした。ただ、企業のご担当者からは「もっと企業の視点・また数字での提案がほしかった。」という意見をいただきました。
その経験を踏まえてうまくいったのが、企業の販促物を考えるグループワーク。調査を行い、消費者の声を取り入れた提案をしたところ、「とてもいい提案ですね。ぜひ採用したい。」と喜んでいただくことができたんです!自分の成長を感じられた瞬間ですね。
そのワークではリーダーを務めていたのですが、メンバーが互いに、互いの長所を尊敬しあえる非常に恵まれた状況でした。
課題解決のための方針がまとまらないこともありましたが、チームの雰囲気が悪くなることはなく、みなで「どうすれば解決できるか」と意見を出し合うことができました。この経験で、自分に自信を持ち、相手を信頼できるようになりました。

ー 参加前と参加後、ご自身に変化はありましたか?

プログラムの中には企業の経営者の方からお話をお聞きする機会もあり、刺激を受けることが多かったです。ある製造業の社長さんから教えていただいた「どこで働くかではなく、誰と働くかが大切。」という言葉は、就職活動の指針にもなりました。また、何かトラブルがあったときでも、物事を投げ出さなくなりましたね。それは、ワークの中でリーダーを経験したことが大きかったと思います。
今でも、仕事で厳しいときは「どうすればうまくいくか」とその時のメンバーの声が聞こえてきます。

うまくやっていけるのか…

派遣社員をしていた自分に自信が持てず、気後れしていた。

出遅れた

初めてのワークで積極的に動くことができなかった。

チームでやり遂げられた!

スケジュールをしっかりと立てて、物事を進めていく大切さを知った。

ワークが大成功!

担当した企業から「このチームで起業できるよ。」とお褒めの言葉をいただけた。

浮かれていた…

前回のワークの成功で自信過剰になり、自分の意見を押し通しすぎた。

打ち上げでリベンジ!

打ち上げの企画を、最後のワークのつもりで取り組んだ。